家族茶話会で『薬の飲みかた』についての講師をしました

こんにちは、在宅担当ヒラタです。

突然ですが、介護関係の施設ってどんな種類があるかご存知ですか?

私も在宅の仕事を始めるようになってから知ったのですが、本当にたくさんの種類があります。

もちろんそれぞれ機能が異なり、介護を受ける方が利用するときのサービスの内容も細分化されています。

では、「看護小規模多機能」(略してカンタキとも呼ばれます)とは何でしょう?

要介護度が高くなった方や医療的ケアが必要になった方でも、できるだけ自宅を中心として日常生活を送ることができるよう、支援するサービスです。自宅から施設に通う「デイサービス」を中心に、短期間の「宿泊サービス」、必要に応じてスタッフが自宅にうかがう「訪問介護サービス」が受けられる点は、「小規模多機能型居宅介護」と同じですが、複合サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は、これらに「訪問看護サービス」が追加された形となります。(有料老人ホーム情報館より抜粋)

訪問看護・訪問介護・デイサービス・ショートステイの4つの機能を併せ持っており、一元化できるので利用者の状況次第で介護サービスを臨機応変に対応できることが利点のサービスです。

今回はその「看護小規模多機能」の利用者のご家族が集まる家族茶話会で『薬の飲み方について』のお話をさせていただきました。

利用者のご家族、また利用者ご本人も参加してくださり基本的な薬の飲み方について大船店Tさんに講師をしてもらいました。意外とわかっているようでわかっていない薬の服用時間についてや薬が飲みにくい場合の工夫についてなど1時間ほどの講義時間でした。

また私たちが訪問している患者様のご家族もいらしていたので、具体的なお薬のこともゆっくり話すことができました。

薬を飲み忘れないようにするためのツールもご紹介しました。

お薬カレンダーやお薬ボックス、そして当社で取り扱っている「服薬支援ロボット™」などです。

「服薬支援ロボット™」はご家族に好評でした、自分の薬をこれでセットしたいとお話になる方も。

薬を飲み忘れないようにする、飲みすぎないようにする方法はいろいろあります、患者様の生活様式に合わせて最適な方法を見つけるのも在宅薬剤師の仕事です。

今回のように一般の方にそのツールをご紹介できてとても有意義な時間となりました。

(株)エルマノでは一般市民向けのお薬勉強会の講師も承っております。

ご興味のある方は在宅担当ヒラタまでご連絡を。

 

お知らせの最新記事

エルマノの特徴

  1. 在宅医療
    への取り組み

    詳しくはこちら
  2. 充実した
    教育・研修制度

    詳しくはこちら
  3. 働きやすい
    環境

    詳しくはこちら
  4. 店舗
    案内

    詳しくはこちら